結婚式の会場を選ぶポイント

結婚式の会場を選ぶ際には、まずは希望する挙式スタイルに対応しているか確認しましょう。キリスト教の教会式・神道で実施する神前式・ゲストに結婚の誓いを宣誓する人前式が主なスタイルです。模擬挙式に参加するなどして、挙式の雰囲気を確認するのがおすすめです。次に、招待する親類やゲストの人数と構成をあらかじめ確認し、それに見合っているか確認する必要があります。大人数の参加者を希望する場合は広い会場が必要になるなど、人数によって会場選びの条件が左右されるためです。 また、希望する会場のタイプであるかも重要です。挙式前後で宿泊ができて便利なホテルや、料理の質が良いレストランタイプなど様々な選択肢があります。希望する条件の会場をいくつか見つけて、予算の範囲内であるか確認しながら最終的な決定をすると良いでしょう。

衣装を選ぶ際のポイント

結婚式に着る衣装を選ぶ際は、試着日の前にあらかじめご自身の好みや希望を明確にしておくと良いでしょう。衣装はナチュラル・キュート・エレガントなど様々なタイプがあり、施設によっては大量の衣装を用意しているケースも多いです。事前にイメージを持っておくと、スムーズに選択できます。次に、体型に合っているか必ず確認しましょう。長身の方はスラリとしたドレスを選ぶとスタイルよく見えるなど、体型に合ったものを選択すると見栄えが良くなります。さらに、結婚式開錠との相性も考慮すると良いでしょう。格式高い式場の場合は、フォーマルで肌の露出を抑えたタイプが適しています。一方、カジュアルな会場の場合は華やかな色調とデザインのものを選ぶのがおすすめです。

結婚式が安いのは、人気シーズンや日取りでなく、ご祝儀制よりも会費制をとり、挙式のみなどに絞る場合です。